クレジットの支払いは大変だ

現在は主に転売で生計を立てています。もうすぐ就職するのですが、一応無職なため、クレジットの可能枠の引き上げも承認されません。
転売だと、やはりたくさん仕入れたい場合があるのですが、可能枠が20万だと、やはり生活費などから差し引いたら全く仕入れができません。

また、三年前に携帯代を滞納したため、何度も新規申し込みをしましたが、無職でもあるため当然審査には通りませんでした。
しかしその後の三年間は滞納にならないようカードを使っていたため、なんとか今月期限延長成功しました。無職でもまだカードが使えることができるなんて場合によってはあるんだなあと感じました。

しかしここ最近は電子マネーの還元率や審査なしを考慮すると、もうクレジットカードが必要なくなりそうだなあと感じます。
LINE payなんかは、最低でも3パーセントの還元率なため、どのクレジットよりも優れています。
ここで新たな疑問が。もしLINEを優遇して使うとしたら、カードの使用実績が落ちてしまうのではないかと怯えています。そうなると5年後は審査に落ちるのではと。

海外などでは、特に仕入先の東南アジアは中華系の電子マネー以外はあまり土産物屋で浸透していないのでクレジットが未だ主流になります。もちろん現金と違って為替手数料が発生したりするのですが、、

このようにクレジットはすでに生活には欠かせないのですが、使うのもやめるというのは今後生活、仕事が苦しくなる可能性もあるのです。

世の中にはクレジットカードを使いすぎな人もいて、そういう感じで借金が膨らむと利息を返しても返しても元本が減らなくなるみたいです。

そうなると債務整理をした方が良いみたいです
⇒司法書士法人みつ葉グループの評判や口コミ借金相談について

自分が債務整理の適用になるかはスマホでサクッと分かるので便利な時代になったといえばなったという感じでしょうか( ..)φメモメモ